2018年05月26日

赤木谷水郷と川湯温泉

思わずアバローム紀の国にて朝食バイキングなど堪能してしまってから、10時オープンの赤木谷水郷へ向かう。
道路事情がスムーズでやや早めに到着。養殖の鱒など眺めながらオッチャン並びにオバチャン達のスタンバイを待つ。
ここでは渓流の豊かな水を活かし、養殖鮎を生け簀に放流してあるのを引っ掛け釣りして遊べるのだ。
もちろん、釣った鮎はオッチャンが熟練のテクニックを駆使し、ええ塩梅の炭火塩焼きにして食べさせてくれる。
尚且つ、オバちゃん達お手製のめはり寿司やら山菜の炊いたんやら天ぷらやらうな重やら鱒の洗いやら、ここならではのメニューが注文できるシステムになっており、レクを兼ねた昼食ドライブにはもってこいである。
しかし、ここ赤木谷水郷のメーンエベントは何と言っても流しそうめんである。
水郷と言えば流しそうめんだろう、と言わんばかりにここは流しそうめん推しなのだが、よくイメージされる、青竹を割って設えたような、“映える”流しそうめんではなく、何ともシュールな流しそうめんシステムを採用しているのでこれは是非実際に来て確かめていただきたい。
マイナスイオンをバンバン浴びながら鮎の塩焼きと流しそうめんとめはり寿司と山菜の炊いたんを堪能した後、鮎川のAコープで生卵をひとパック調達し、湯ノ峰温泉の湯筒へ向かう。
湯筒マスターである我々は通称“湯筒セット”なるものを常に車載しており、充実のゆで卵レクを可能にしている。
卵を茹でるための網、ゴミ袋、美味しくいただくためのアジシオと言った最低限の装備をはるかに凌ぎ、居合わせた観光客の視線を集めまくっているのだ。
もちろん火器の使用は厳禁であるのでそんなものは持っていかないし、大仰なものでもない。
どうしても知りたければ我々と遭遇するまで湯筒に通うことである。
宿泊は近くの川湯温泉みどりやにて。
バイキング形式のご飯がどれも、久しぶりに帰ってくる子ども家族のために田舎のおばあちゃんが頑張っていっぱいごちそうを作りました、みたいな茶色いラインナップで癒されます。
朝ごはんも、温泉がゆときんぴらと地元のオバチャンお手製の漬け物が最高です。  


Posted by Y夫妻 at 23:59Comments(0)

2018年03月21日

山田ヒロキチ商店とイタリア食堂たぶち

どこへ出かけたかって備忘録で始めたはずのブログを忘れていた。

直近の投稿依頼、白浜に一泊、神戸に一泊している。
それを書けっつってんだろ。

しかしもういつのことだかさっぱり忘れたので、泊まったよということだけ控えておく。

それだけだと何だか味気ないので、
岩出の山田ヒロキチ商店と和歌山市屋形のイタリア食堂たぶちは出来れば毎週通いたいなあと独り言を言って終わり。  


Posted by Y夫妻 at 15:33Comments(0)

2017年12月09日

かあちゃんの店と川湯みどりや

目的は昼寝であるので、出発はゆっくりである。
昼メシは敢えて[かあちゃんの店]と決めて行く。
いつもこの店の前を通る時は朝メシ昼メシ直後の事が多く、今回念願叶ってのイートインである。
ここはかあちゃんお手製のおかずを盛り合わせた[かあちゃん定食]をチョイスしそうなところ、店内に充満する出汁の香りに誘惑されて[うどん定食]。
めはりときつねうどんと小鉢のセットである。
この組み合わせを無視できる和歌山県民など居まい。
ここに駅蕎麦よろしくコロッケをひとつ追加し、ウルティマうどん定食の完成である。

かあちゃんの店で腹ごしらえを済ませ、一服してから生卵も所望して湯の峰へと向かう。
茹で卵レクである。
卵を湯筒で茹でる為のネットと、茹で上がるまでの待ち時間に淹れるインスタントコーヒーの用意は常時車に搭載済みである。
今までに色々試したが、緑茶や紅茶よりもインスタントのコーヒーやミルクティーなどが温泉には合うようである。
湯筒の湯で淹れたインスタントコーヒーで一服し、茹で時間が経過すると味見をする事なく荷物とゴミをまとめ、そそくさとその場を後にする。
ここで茹で卵を満喫してしまうと、宿の夕飯に大いに差し支えてしまうのである。

今日の宿は川湯温泉みどりやである。
因みに明日も同じである。
観光はしない。
何しに来てるんだ。  


Posted by Y夫妻 at 23:59Comments(0)

2017年11月27日

菓子 潮ざきと古賀の井リゾート&スパ

白浜2日目
有名どころの観光地に行くこともなく朝からうまい朝メシをわんさか食い、ループーで漂い、朝風呂に浸かってから、よーいドンを見る。
11時くらいにホテルを出発し、1時間ほどかけて串本まで行く。

串本には、数年前に萬口へ昼メシを食いに行った際に偶然見つけた、スバラシイ和菓子店[潮ざき]がある。
当時のお店は萬口の斜向かいにあり、屋号も今とは違い[清月菓舗]と云った。
萬口で腹一杯になった筈なのに、どこからともなく漂う優しい卵生地の焼ける香りの発生源をトリュフ豚並みの精度で辿り、発見した次第である。

和菓子のみにとどまらず、何故かシュークリームやフロランタンなどの洋菓子もめっぽう旨すぎるせいで、
我々の胃袋は合わせても2つしかないというのに毎回毎回ズッシリと大人買いしてしまうのである。
旨すぎるのがいけないのである。

品質保持の為、お取り寄せ不可。
食べたければ串本へ行けば良いだけの話である。
ご馳走とはそう云う意味。

立岩巻き(こしあん・カスタード)12個
三尾川もなか10個
シュークリーム4つ
きんつば、芋きんつば、栗蒸し羊羹、栗きんとん、フロランタン各2つずつ


[菓子 潮ざき]
http://www.kashi-shiozaki.jp/  


Posted by Y夫妻 at 23:41Comments(0)

2017年11月26日

レザーフェスティバルとリビングフェスタと古賀の井スパ&リゾート

毎年毎年、気付けばこの季節になっている。
ある年は和歌山のおばちゃんが、またある年は松竹芸能の香り漂うおねえちゃんがリポートしていたあのイベント。
今まで一度も機会がなかったのに、今年はほんの思い付きで行ってみた。
2日目の今日も開場時刻前から今や遅しと結構なお客さんが詰めかけ、先着でもらえるパスケースやら眼鏡拭きやらを首尾良くゲットされていた。
ヨメ的には靴が安くていいなあと思ったのだが、概ね標準サイズの展開で残念。
あと、めったやたらと革ジャンが激安なのが気になる。リアルレザーで1万円って。来年までに痩せて買お(嘘

ひととおり会場を見終わり、お腹が空いてきたのでリビングフェスタへ移動。
なかなかの混雑ぶりではありましたが、かわいいワンちゃん連れのマダムズと御相席させていただきました。
紀州ぶんだらプロレスのサラリーマンレスラーに黄色い声援を送りつつ、
焼肉たむらの焼肉丼、どこのお店だか分からない謎のノスタルジア焼きそばと唐揚げ、くぅくぅ麺、クシュクシュのデラックスダブルカレーにミルクベビーカステラ。
取っ替え引っ替え次々とメシを平らげるのを見たマダムズからしきりに美味しそうやねぇとお言葉をいただきつつペロリ。

いい塩梅に満腹となり、会場パトロールも終えたところでまた移動。
何とか眠気を堪えようとするもののやはり生理的欲求には勝てず、文句ひとつ言わず健気に運転するオットの横で爆睡。
気が付けばそこは古賀の浦であった。
予定もないのに2泊します。
バカです。
ホテルには室内温水プールがあるので、余りある時間を潰すためにフラミンゴと浮き輪を持ってきました。
アホです。
因みにフラミンゴと浮き輪を持ってきたのはこれで3回目です。
変態です。


[和歌山レザーフェスティバル]
http://wbs.co.jp/news/2017/11/25/111831.html
[リビングフェスタ]
http://www.living-web.net/livingfesta2017/
[古賀の井リゾート&スパ]
http://www.coganoi.jp/
[フラミンゴ]
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B7-FRS-157V-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88/dp/B06XHWFK54/ref=sr_1_11?s=toys&ie=UTF8&qid=1511699052&sr=1-11&keywords=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B4+%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88
[浮き輪]
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DIMM5S2/ref=oh_aui_detailpage_o01_s01?ie=UTF8&psc=1  


Posted by Y夫妻 at 19:23Comments(0)

2017年11月23日

WBSラジオまつりと食祭WAKAYAMA

和歌山放送が異常に好きで、FUN×FANと山本瑠香に過剰反応するオットの為にあるようなイベントである。
ヨメは特に興味はない。
10時半頃に着いてすぐ、食祭WAKAYAMA会場にて、かくれんぼのネギしょうゆマヨと◯イの中華そばをサラッと食い、
WBSラジオまつりのFUN×FANステージが始まるまでの時間、あちこちウロつく。
ウロつくにしても毎度お馴染み和歌山城に変わりはなくマンネリ感溢れる最中、
ヨメがボイジャーブルーイングのビールと大分からあげを購入するようオットにタカる。
その直後始まったFUN×FANステージをひと通り観覧し、今度はAKB48team8山本瑠香のステージを待つのみとなったのだが、
前述の通り時間の潰しようがないのと、ヨメの興味ないオーラのせいでここで棄権となる。
いい加減眠くなったその足で東ぶらくり丁の諏訪園さんに向かい、小倉山とほうじ茶のセットを注文。
更にヨメは抹茶ソフトクリーム(大)を追加するスタイルでビバーク終了。
帰り際にスマートボールをちょっと打って帰った。
今日もチョコレートひと箱にも交換できなかった。

[WBSラジオまつり]
http://www.wbs.co.jp/2017/11/20/5923.html
[食祭WAKAYAMA]
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/kankou/nenkangyoji/1003248.html
[ボイジャーブルーイング]
http://www.voyagerbrewing.co.jp/  


Posted by Y夫妻 at 23:59Comments(0)

2017年11月20日

和歌山まちなか河岸

白浜温泉むさしをチェックアウト後、天然温泉ふくろうの湯
岩盤浴と入浴の間に、併設のサウスウエストカフェにて有田みかんといちじくのフレッシュジュース
日が落ちてから、まちなか河岸イベント
二代目よなきやの淡麗とキムパ、濱辰のおでんとおにぎりボール、休暇村加太の鯛ワンタンと熊野牛カツサンド

[和歌山城下まちなか河岸にぎわい横丁]
https://m.facebook.com/machinakakashi  


Posted by Y夫妻 at 21:28Comments(0)

2017年11月19日

宮子姫みなとフェスタ

はるか397年前、メイフラワー号がコッド岬の釣り針の先に到達した日、我々も、確実に季節の移り変わりを告げる強い海風が吹き荒ぶ日高港に居た。

お笑いライブを非常に楽しみに、イノシシうどんや角焼きなどなどで腹を満たしつつ2時間ほど待って居たのだが、
もうあと30分もせず始まる、という頃になり、ヨメが体の芯まで冷えたのに我慢できず
「早くフロに入って温もりたい」
と云い、あっさりと退却を決断した。
お笑いライブが見たいと云ったのは、奴であるのに、だ。

[宮子姫みなとフェスタ]
http://www.wakayama-kanko.or.jp/event/detail.php?id=13434
  


Posted by Y夫妻 at 18:38Comments(0)

2017年11月19日

Y夫妻動静

去年どこに行ったかなあとか
去年ならまだいい
先月どこ行ったかなあとか言い出して
これ何か控えとかないとすっかり忘れてしまう
と云う事で
和歌山在住の某キャンドルアーティストさんに唆された事もあって今日から忘備録的に動静を記録  続きを読む


Posted by Y夫妻 at 18:38Comments(0)